今日も明日もろくでなし

ろくでなしのろくでもないブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

私の生い立ち 

墓場に捨てられているのを墓守りの親父に拾われる
が、五歳の時に飲みかけのワインボトル一本とたったの銀貨三枚で貴族に売られる。
その貴族に様々な虐待を受ける。
貴族の娘が家庭教師から学んでいるのを盗み見て八歳にして言葉を覚える。
初めて覚えた言葉は『優しさ』
9歳の時に領地と権力、財産を狙った貴族の弟が貴族を殺害し屋敷に火を放つ。
犯人に仕立て上げられ、避難先の馬小屋で捕縛されそうになるもなんとか逃げ出し森で暮らす様になる。
12歳になるまで森でオオカミの群れの一員として暮らしていたが、森で怪我をしていた猟師や迷子になった旅人を助けた事がきっかけで貴族弟に森で暮らしていたことが知られる。
貴族殺しの唯一の生き証人であるため貴族弟に狙われ、大規模な山狩りに会い命からがら西の方に逃げる。
逃げ延びた先で生きていくために盗賊団の一員となる。
17歳の時に盗賊団のボスが子供の人身売買をしていること知り子供たちを助けるために一緒に逃げ出し無事、都の孤児院に送り届ける。
追ってきていた盗賊団により深い谷底に突き落とされ死を覚悟しながら意識を失う。
見覚えのない小屋で目を覚まし、一人の人物と出会う。

そうです!この方こそ私の命の恩人にして人生の師であり、天玄教の開祖である
天明院吉守玄柳斎(てんみょういんよしのかみげんりゅうさい)先生なのです。
玄柳斎先生に出会い、教えを学び、それを実践することにより私の人生は大きく変わることができました!!!

医者もさじを投げていた大怪我も玄柳斎先生が手の平から気を送って頂いたおかげですっかり完治いたしました。
最初は私も疑っていましたが、先生が手をかざした場所がじんわりと温かくなり『生命(いのち)の波動』を感じ、みるみるうちに体中に『生命(いのち)の波動』が染み渡るのを感じました。
今まで私の人生は嫌な事があるとそこから逃げ出してばかりでしたが、玄柳斎先生に出会ったおかげでそれも変わり
今では最愛の妻と二人の子供にも恵まれ、趣味で始めた株式投資でも成功し、今では夢のマイホームを持つにいたりました。
みなさんにもこの素晴らしい玄柳斎先生を知っていただきたく今回はブログを書かせていただきました!

また、今度八王子の集会所で玄柳斎先生のありがたい御言葉を聴ける講演会や
玄柳斎先生が『生命(いのち)の波動』を込めた水『命動水』の販売、ご家庭の蛇口に取り付けるだけで水道水が簡単に『命動水』に代わる浄水器、まるで玄柳斎先生に包まれているかのような暖かさを感じることのできる羽毛布団の販売等をいたします!!
ご来場の皆様にはもれなく玄柳斎先生直筆のサインが入ったブロマイドをプレゼントいたします!!
ふるってご参加ください!!









スポンサーサイト

BABYMETALを見に行こう!! 

タイトルを見て賢明な読者諸君はお分かりだろうが先日の9月20日にBABYMETALのLiveを見に行ってきた。
ということで半年に一回どころか年に1回更新があるかないかのブログを久々に更新したのである。
今回のタイトル「○○を見に行こう!!」は元々4月にあったクラプトンの武道館Liveに行ったときに「クラプトンを見に行こう!!」というブログを書く予定だったのだが結局書かなかったので今回使うことにしたのだ。
クラプトンの時はクラプトンが行きつけのかつ屋に行った事やメイド喫茶に行った感想等の様々なネタがあったのだがもったいないことをした。
今年はブライアンセッツァー、クラプトン、BABYMETALという全く毛色の違うLiveに行ったのだがそれぞれの感想はブラインセッツァーは正にLiveという感じであり、演者も観客もノリノリで一緒に楽しむスタイルであった。クラプトンは美術館で芸術品を見るような感覚に近かった。
そして、今回のBABYMETALはエンターテイメントショーという感じであった。

なんか久しぶりにブログを書いたからなのか、かたっくるしい書き方になってしまったけども今回のBABYMETALのLiveは最高だったよ!!
俺は馬鹿だからそれ以外の言葉がみつからん!とにもかくにも最高!!この一言につきるね
Live自体は90分ぐらいだったと思うけどその中のどの場面をとっても非常に素晴らしかった!
あれを生で体験できたのは本当に嬉しい!

俺がBABYMETALを知ったのは『ヘドバンギャー!!』のPVがヤフーの映像ランキングに乗っていてその説明文に女の子が激しくヘドバンしてますみたいなことが書いてあったので、「舐めるなよ!女、子供がなにがメタルじゃ!なにがヘドバンじゃ!調子に乗るのも大概にしとけよコラ!!」と毒づきながら見たのが最初だったのを覚えている。
再生してみたら制服着た女の子がコルセットですよ、もう何度目かわからない「舐めとんか」をつぶやきながら見るわけですよ
んで見ている内に「舐めとんか!」の量が減っていき「い~ちごのよ~るを♪」て口ずさんでいるんだよね
でも、今まで俺が聴いてきた音楽は洋楽のパンク、ロック、ロカビリー、ハードロック、メタルなんかなわけですよ。
日本の音楽(バンド)ならまだしもアイドルなんて認めたくないわけですよ、だからちょっと惹かれ始めているのにつぶやくわけですよね

「舐めとんか!!」

と、で関連動画を探していると『 ド・キ・ド・キ☆モーニング』みつけ、聴くわけですよ
もちろん「舐めとんか!」言いながらねw
見終わって「リンッリンッリンッ!おっはよう~♪」の部分がずっと頭にこびり付いててもう完全に惹かれてるのに男の子なもんだから強がって言うわけですよ「舐めとんか!」ってw
完全にメイちゃんの「本当にトトロいたんだもん!」ぐらい意地になっているわけですよw
でも次の日とかもずっと頭の中で流れてるから仕事の休憩中に携帯でYOUTUBE開いて『 ド・キ・ド・キ☆モーニング』見ちゃうわけですよ、ガラケーなのにw完全に中毒です
帰りの車の中でもガラケーで再生したり、家に帰ったらPCでみたり、歌詞を調べて一緒に歌ったり、なんなら一人で歌ってましたよ
そうなったらもう「舐めとんか!」とか言えないよね、完全に魅了されてしまってるし。
もう意地とか関係ないし、友達からも「アイドルなんか聴くのかよ、オタクじゃんw」みたいなことも言われたりしたけど、笑いたきゃ笑え好きなもんは好きなんじゃ!!と胸を張って1stアルバムを発売日に買いに行ったよ。

そっからファンな訳だけどLiveは行った事なかったんだよね
なんでかって言うと山梨生まれ山梨育ちで田舎者だから都会に一人で行くのが怖いっていうものすごいダサい理由w
駅とか絶対迷うしねw
北口とか何線とかそんなの全然わからないのよ
でも今回は勇気だして東京言って良かったよ!!
この電車で合ってるのか?って不安に思いながら電車に乗っていたらBABYMETALグッズを身に着けた夫婦が同じ電車に乗ってきた瞬間の安心感ったらないよ、ありがとう!名も知らない夫婦!!あなたたちに救われました。

本当に最高のLiveだった、いまだに余韻から抜け切れてないからね
ありがとうBABYMETAL!!

書くことはまだあるけど長くなりすぎたんでおわり。








脅威の未確認生物 

みなさんは90年代に世界中を恐怖の底に落とし入れた生物「チュパカブラ Chupacabra」(スペイン語でヤギの血を啜る者)を覚えているだろうか?
その恐怖の生物が身近な場所で現れたのならば安心して日々を過ごすことが出来なくなるのは明白である
余談ではあるが私は小学生の頃、夕暮れ時に帰宅するときはチュパカブラに襲われるんじゃないかと本気で心配していた

本題に入ろう
4月中旬頃に衝撃的なニュースが耳に飛び込んできた
私の職場に住み着いていた猫が何者かに襲われ死亡したのである
現場に駆けつけてみるとあちこちに飛び散った血とたくさんの毛が落ちていた
あまりに凄惨な現場のため激しい戦闘があったことが容易に想像できた
また、飛び散った血が壁の高さ1mぐらいの場所に付着しており、猫や他の獣と争ったにしてはあまりにもおかしいと思われた


そしてつい先日、祖母の家で事件が起こった
祖母の家に一緒に住んでいる叔母は一人留守番中であったが用事があるため出かけることになったのだが、その日はとても暑かったため、飼っている猫が暑いと可哀想だと思い台所の窓を空け網戸にして出かけたのだ
そして用事を済ませ帰宅した叔母の目に飛び込んできたのは衝撃的なものであった
あちらこちらに物がちらかり、血と毛が大量に落ちていたのだ!
祖母の家で飼っている猫が何者かに襲われたのである
こちらが今回被害にあった猫リリーちゃん12歳メスである
DSC_0275 (1)



とても怯えた様子で二階の寝室の箪笥の上で発見されたらしい
足と背中、尻尾を怪我していたものの命に別状はなかった
こちらが侵入場所である打ち破られた窓
DSC_0352.jpg

そしてこちらが侵入場所と血や毛が落ちていた場所から特定した足取りである
足取り

家中くまなく暴れていたようである
また、1mぐらいの高さのところにも血が付着していた

ここ2ヶ月の間に起きた二件の事件を紹介したが、共通点にお気づきだろうか?
第一に猫が襲われた事
第二に現場周辺には血と大量の毛が落ちていた事
第三に1mという高い場所に血が付着していた事
である

この三つの共通点から私が導き出した答えは
「チュパカブラ Chupacabra」(スペイン語でヤギの血を啜る者)である!!

しかし、今回わが町で起きた事件はヤギではなく猫が襲われているので
私はこのチュパカブラに良く似た生物の事をスペイン語で「啜る」という意味の「Chupa」と「猫」という意味である「Gato」を会わせてチュパガートと名づけた!!


こちらがチュパカブラの画像を参考に私が想像して描いたチュパガートの絵である
ChupaGato.jpg


この記事を読んで山梨は遠いところだからと安心している諸君に伝えたい
この二つの事件は山梨の片田舎で起きたものだが、チュパガートは神出鬼没に現れ恐怖を撒き散らすのだ
チュパガートは山で、海で、田舎で、さらには都会で!
日夜獲物を求めさ迷い歩いているのだ

今夜はあたたの住む町にチュパガートがやってくるかもしれない・・・


※6月5日追記
6月4日の午前1時頃に熊を目撃したと町内放送がありました
しかし、疑問点がある。目撃された場所は近くに山がないのだ
はたしてそんな場所に熊が現れるのかは疑問である
地元の人間数人に話をしたところあんな所に熊が現れるわけないだろとのことである、私もそう思う。
確かに山の方に行けば熊、鹿、猪なんかはいるのはわかっている
しかし、目撃場所は山から車で30分はかかるところである
だとしたら深夜という暗い時間に熊と間違う「ナニカ」をみたという事になるのではないだろうか

山から車で10分ほどのところに第一の事件があった職場があり、そこから5分ほどの所に第二の事件場所である祖母の家がある。さらにそこから15分ほどのところに熊と思われる生物の目撃情報があった場所がある。
そしてこれらの場所は熊が生息していると思われる山から直線状になっているのだ!!
距離
この事からやはり目撃されたのは熊ではないだろうと思われる
では目撃された生物はなんなのであろうか
チュパガート以外考えられない!!
山梨が生み出した恐ろしい怪物は動きだしたのだ!!
次はあなたの街で現れるかもしれない・・・
震えて眠れっ!!


最後に残る物 

みなさんは「最後に残る者」を持っているだろうか?
例えば、友人や家族などの人間関係、資格や特技などの自分で身につけた技術や経験、あとは単純にお金なんていうのもあるかもしれない。

私ももちろんある。今日はこの事を話そうと思う。
では私が持っている「最後に残る物」をお知らせしよう!

それは・・・









おしっこ

つまり
残尿感である。



どんな感じかというと

トイレ行くか~
カチャカチャ
ボロン
ジョロジョロ
ふぅ~
プルプル

あれっ?これ残ってるな・・・
よし!もう一回して出し切るか
ジョロジョロジョロジョロジョロジョロジョロジョロジョロ
ジョロジョロジョロジョロジョロジョロジョロジョロジョロ
ジョロジョロジョロジョロ


むしろ二回目が本番なくらい残る。
これが俺の「最後に残る物」である。




もう一度聞こう
みなさんは「最後に残る物」を持っていますか?







『タイミングとハート』~「奴」が来るッ!の巻き~ 

山梨はとても良い所である。
なんと言っても緑が多い。また、少し車を走らせればたくさん自然も残っている。
しかし、良い事ばかりではなく、盆地なので夏は暑く冬は寒いとか、緑が多いのは良いけど交通機関が少ないという問題もある。
ちなみに私の住んでる町には駅がないし、バス停に行くまでかなり歩かなければならない。
そんな私も含めた山梨県民の移動手段はもっぱら車である。車がないとまともに買い物にすら行けないのだ。
なので一家に一台とかではなく一人に一台といった具合である。
もちろん私も車を持っている。
車があると大変便利だ、好きな時に好きな場所に行ける。

しかし、ここで思い出して欲しい山梨は緑や自然が多い。
私が車を置いている場所の横には大きな木がある。その木は時期になると赤い小さな実をつける。その実を狙って鳥が集まり結果的に私の車には鳥のフンがたくさんつく。また、ほぼ100%の確立で車に乗ると小さなクモがダッシュボードのとこにいるし車に乗るとき3回に2回はクモの巣にひっかかる。
なぜ車を置く場所を変えないのかというと一人に一台あるがために置く場所が限られるからである。
仕方がないのだ。
しかし、山梨生まれ山梨育ち農家の奴はだいたい友達で生粋の甲州人である私はこんな事は気にしない。
山梨が好きだからこんな些細な事は目を瞑る。
(余談だが私がどれぐらい生粋の甲州人かというと、友人の中でも甲州弁を使うのは私ぐらいだし、親戚で集まっても私と婆ちゃんぐらいしか甲州弁を使わない。)

そんな私もさすがに山梨に対してトサカにきたことがある。
それは、ある日車に乗っていた時の事である。
私は車に乗ると好きな音楽を流し、大声で歌うのが常である。それは暑くて窓を全快に開けている時でも例外ではない。もちろん信号で止まる時なんかは音楽の音量をしぼり、さも歌なんか歌ってませんでしたよみたいな涼しい顔をして動きだしたらまた大声で歌うといった具合である。愛車のエンジンと私は連動しているのだ。これもひとえに愛車、さらには山梨を愛する心のなせるわざだろう。決して恥ずかしいとか小心者とかいった類のものではないと断言しよう。
話はそれたが本題に戻そう。
運転中になんとはなしに助手席を見ると事件が起きた!
人々を振るえあがらせ恐怖に落とし入れる「奴」がいるのだ。
もちろん幽霊じゃあないし、ゴキブリなんて生易しいものじゃあない。
ではなにかというと


オオスズメバチである。

そりゃあもうパニック!パニックッ!!大パニックゥゥゥゥゥウーーーッ!!!
幸いな事に渋滞中なので両手は自由だ。
だがどうする?
素手で捕まえるのはヤバイ、しかしこのまま黄色い悪魔オオスズメバチとドライブデートはさらにヤバイ

ここで咄嗟にひらめくッ!!
窓を開けて「奴」を外に出せば良いのだとッ!!
この間わずか3秒!!
もしこの思考速度に恵まれた体格と才能があれば敵なしなのだが、恵まれた体格も才能もないから「ろくでなし」なのだ!!
そして私は「奴」に気配を悟られないようにゆっくりと右手で車の窓をすべて全開にした。
気分は人質が犯人にばれないようにこっそり携帯で助けを呼ぶような感じだ。
横目で「奴」を見るが「奴」には動きがない。
だが良いんだ、気にすることはないプランAが駄目ならプランBに移れば良いだけのことだ。
ハチは煙が苦手なのを思い出した私は、慎重に腕を伸ばしタバコを取り、くわえそして火をつけた。
煙をそっと「奴」の方に吹きかける、すると今まで微動だにしなかった不動の「奴」もついに動き出しそして、助手席の窓から出て行った。

勝った!私は勝利したのだ!!生死を賭けた勝負に!!!
勝利のタバコはなんとうまいんだろうか。貴様がミツバチという弱者をいじめている間に人類は英知を磨いてきたのだ、人間様に勝てると思うなよ。などと勝利の余韻に浸っていると急に現実に呼び戻された。
後ろの車にクラクションをならされたのだ。
やれやれ人の気も知らないでと思いつつ車を走らせるために前を向くと信じられない事が起こった!!

「奴」がハンドルに止まっているーーーーーッ!!


全ての窓を全開にしたままでいたので一回出てまた入ってきやがったのだ!!
騙された!
虫に騙されたのだ
人類の英知といったいなんだったのだろうか!
ここまできたら「人類」とか「虫」ではなく「雄」対「オス」の異種格闘技である。

「奴」の最大の武器は針でありフェイバリットホールドは「アナフィラキシーショック」だ。
どんな技かというと二撃必殺!!二度刺されたらヤバイッ!クリーンヒットすると一発でもヤバイ!そんな代物だ。小回りの利く俊敏な動きにも注意が必要だ。
対するこっちの武器はなんといっても体のでかさ、単純に体のでかい奴の方が強い。

私は、一度なら・・多分一度なら刺されても大丈夫・・・「奴」がどこかに止まり攻撃を仕掛けてきたのなら体のでかさにものをいわせ、握り潰すなり叩き殺すなりしようと考えた。
肉を切らせて骨を絶つカウンター攻撃だ、大事なのは『タイミングとハート』はじめの一歩を読んでて良かった。宮田君ありがとう!!

覚悟は決まった。
後は「奴」が動くのを待つだけだ・・・

まるで達人同士が真剣で勝負するかのごとく見つめ合ったままお互い動かない。
いや、動けないのだ、迂闊に動くとそれはすぐに死と直結する。焦れた方の負けだ。
ひりつくような緊張感のなか先に動いたのは「奴」だった。

「奴」は不気味な羽音を立てながら飛び立ち、そして優雅に窓から空に飛び立って行った。
青い、とても青い目の覚めるような青さの大空へと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。